スマートライフのススメ

スマートライフのすすめスマートライフのすすめ

太陽光発電を導入したときのメリットは?
まずは無料シミュレーションをどうぞ

太陽光発電システムを導入することでどのようなメリットがあるのか?お客様のご不安や疑問に誠意をもってお答えします。もちろん導入すれば必ずメリットがあるわけではありません。当社では、自治体が発表している年間平均日照時間、メーカー発表値による発電量、現在の電気代やお家の状況から、どのようなメリットがあるのか、あるいはデメリットとなるのか、誠実にシミュレーションいたします。

スマートライフとは

「スマートライフ」にはいくつかの考え方がありますが、当社で提唱する「スマートライフ」とは、太陽光発電システムで昼間に発電し、使わない電力は蓄電池にためることで無駄を省き、従来の電力会社から供給される電力に依存しなくても、毎日の暮らしを送ることができるライフスタイルと考えています。

スマートライフのすすめ-1太陽光で昼間に発電

スマートライフのすすめ-2使わない電力は蓄電池へ

スマートライフのすすめ-3CO2も電気代の削減

以前は太陽光発電というと、投資を目的として設置するケースもありました。しかし、2009年から始まったFIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)は、2019年から順次満了することになります。FITの制度下では、当初48円/kWhというとても高額な単価で、電力会社によって買い取りされていました。しかし2019年の制度終了後は、7~9円/kWhと、およそ1/6の価格となってしまったのです。料金プランによりますが、一般のご家庭で電力会社から買っている電力価格およそ30円/kWhと比べてみても分かるように、太陽光発電システムで作り出した電力は、売電するよりもスマートに貯める、使う方へとシフトすることになったのです。

2021年度
売電価格
住宅用(10kWh未満)19円/kWh
産業用(10~50kWh未満)12円/kWh
産業用(50~250kWh未満)11円/kWh
前年度より1~2円の値下がり

スマートライフにソーラーパネルが必要なのはもちろんです。ここで、スマートに電力を使うために、蓄電池がマストアイテムであるということが、FIT終了のころより注目されることになったのです。というのも、昼間の余剰電力を、使用料金よりも安い7~9円/kWhで売電することが、有効な活用法とは考えられないからです。余剰電力は貯めて使う。これこそが、スマートライフの理想形といえるでしょう。